うつ病の人への接し方が知りたい【相手の気持ちを考える】

  1. ホーム
  2. 休養は効果的な治療

休養は効果的な治療

女の人

休める環境を作る

例えば、職場でうつ病にかかった人がいた場合、そしてその周りの同僚は身近にうつ病にかかった人がいない時、どのような接し方をすればよいか対応に困ってしまうことがあります。周りの同僚は、うつ病に対する正しい知識を身に着けて、症状の改善には十分な休養が必要であることを理解してあげましょう。もちろん、うつ病患者が休職した場合は、その分周りの同僚の負担になることは避けられませんが、誰しもがかかる可能性のある病であることを念頭に置いて、本人が何も考えずしっかり休養できるような環境を作ってあげることが大切です。また、職場復帰した後の接し方も重要です。安易に重要な職務や元いた職場から遠ざけるような接し方をするのは良くありません。上司が本人の意思をしっかりと聞いて、適性を見て判断していきましょう。うつ病を発症した場合、病院で抗うつ剤などの薬物治療が行われるとともに、自宅で十分な休養を取る必要があります。うつ病患者にとって、自宅で一人で安静にできる環境が整っていることは重要です。家族のサポートも重要になりますが、家族の十分な配慮を受けられない場合や自宅が一人で心静かに過ごせる環境にない場合などは自宅療養ではなく、入院が必要になります。医師から入院について打診されるケースがほとんどですが、患者本人の希望で入院することも可能です。入院中には、一定期間の休養の後は、ほとんどの病院で作業療法が行われます。集団で議題について話し合ったり、何かを作り上げたりして役割を与えられることは重要です、喪失していた自信を取り戻したり、ストレスとの上手な付き合い方や対人関係などを学んでいったりするので、リハビリテーションのような治療方法と言えるでしょう。通院のみの治療でも、このような作業療法に参加することが出来るプログラムもある病院もあります。病院では、このように抗うつ剤など薬物療法だけでなく、社会復帰後に再発しないような取り組みも行っていますので、積極的に利用して完治を目指しましょう。うつ病は、最悪の場合自殺行動を引き起こしかねない恐ろしい病です。家族や同僚なども患者本人との接し方を今一度考え直す必要があります。