うつ病の人への接し方が知りたい【相手の気持ちを考える】

  1. ホーム
  2. 対応の仕方が分かる

対応の仕方が分かる

男の人

治療を開始できる

うつ病かもしれないと感じたら、すぐにでも精神科や心療内科を受診しましょう。ところが、本人はなかなか病気に気づくことができません。どちらかというと、周囲の身近な人が気づくことがあります。この時の対処法が間違っていると、病状がどんどん悪化してしまうこともあるので気をつけましょう。うつ病患者への接し方は気遣いが必要です。そんな点を知るためにも、周囲の身近な人も一緒に精神科や心療内科に付き添うことをお勧めします。一緒に行くことで、うつ病患者への接し方を担当医に教えてもらえることがあります。例えば、頑張れという言葉は患者にとって負担になるため、絶対にかけてはいけません。今でも頑張っているのに、これ以上どう頑張ればいいのか自身を追い込んでしまうかもしれないからです。励ます言葉はプレッシャーになってしまうことがあるため、あまりかけないようにしましょう。それから、精神科や心療内科を受診することで、患者自身も早急にうつ病の治療を開始できます。当然、早く開始できた方が症状が重くなることを防げるため、早期回復も夢ではありません。本人が病気だと気づいていなくても、周りがそう感じる点があるのなら、病院に行くことを上手に勧めてみましょう。こうして、病院を受診してからは薬を処方されたり、定期的に通院したりすることになります。周囲も接し方がだんだん分かってくるので、後は回復に向かうことを待つだけです。うつ病の完治は時間がかかることも多いため、気長に待ちましょう。特に、仕事を休んでしまっている人は早く復帰しなくてはならないと焦りを感じることがあります。しかし、焦りは禁物です。余計に症状を悪化させてしまうからです。できるだけ何も考えず、好きなことだけをして過ごせるような環境を作りましょう。これには、周囲の身近な人の協力が欠かせません。家族はもちろんのこと、親友などもいれば協力を惜しまないようにしましょう。接し方に十分気をつけていれば、患者も独りではないことを実感できます。孤独を感じ、気分がどんどん落ち込んでいかないようにすることが大切です。