うつ病の人への接し方が知りたい【相手の気持ちを考える】

  1. ホーム
  2. 公的支援が受けられる

公的支援が受けられる

カウンセリング

うつ病は、なかなか本人が自覚しにくい病気とされています。周りの人が気づいて、本人に病院での診断を勧めるのがベストですが、病気の診断は精神科か心療内科となるため、少し躊躇いを感じる人もあるでしょう。しかし、うつ病は重症化してしまうと、自殺など取り返しのつかない事態を招いてしまうことがあるため、専門家の診断を仰ぐことが大切です。うつ病を病院で診断を受けるメリットは、適切な薬を処方してもらえることです。身体的な病気ではないため、市販の薬などではなかなか対応できないため、症状をやわらげる薬がもらえるのは、非常に役に立ちます。そして、うつ病の人がいると周りの人が接し方に困ってしまうものですが、医師に質問できるためどのような接し方が良いかなど、理解できるメリットもあります。知らず知らずのうちに、症状を悪化させる接し方をすることも避けられるでしょう。また、うつ病の人にとっても、病院で医師と話すことは、自分の症状を自覚する上でも非常に大切なプロセスです。うつ病が原因で仕事を休みがちな人なども、病院でうつ病だと診断してもらうことにより、傷病手当金などの公的支援が受けられる可能性もあります。診断書によって長期療養できるなど、うつ病を改善させるために心や体の負担を減らす処置がとられます。病院で処方される薬だけで症状が改善されない場合は、入院するという選択肢も出てきます。入院すると常に誰かが見ていてくれる状況なので、本人にとっても周りにとっても安心です。通院ではできない治療法を取り入れることができるなど、治療の選択肢が広がるというメリットもあります。その他、同居している家族の負担を減らすことができるのも利点と言えるでしょう。このように、病院へ通うことによってうつ病の症状を改善したり、家族や周りの人が正しい接し方を理解したりするなど、大きなメリットがあります。うつ病を公にするのはなかなか勇気のいることですが、自分の体のことを一番に考え、周りの理解を得ることが最も重要だと言えるでしょう。