うつ病の人への接し方が知りたい【相手の気持ちを考える】

身近な人が病にかかったら

ハート

声掛け内容を考えよう

身近な人が突然うつ病になったら、驚いたり困惑したりということがあるのは当然です。いったいどうしたらいいのか、心配したり、励ましたり、様々なことを考え行動するようになるはずです。特に家族の場合には、日々生活を共にしているということもあるため、接し方をどうしたらいいかわからないと悩んでしまう場合もあります。特に、うつ病の場合には本人が一番苦しいということもあるので強く質問したり、攻めるような口調で接したりするのは避けましょう。どうしても、なぜうつ病になってしまったのかが気になって、何が原因かということを根掘り葉掘り聞きだそうという気持ちが出てきてしまいます。しかし、それを相手から聞き出そうとすると、さらにストレスがかかってしまうという場合があります。できるだけ穏やかに、そして冷静に「なにかあれば言ってね」というような心のサポートをしていけるような接し方を心がけていきましょう。一人にしておいたほうがいいとして、必要以上に話しかけるのをやめてしまったり、避けてしまったりすることはよくありません。近くにいるよということを相手に分かってもらい、心地よく感じてもらえるような接し方を考えていきましょう。また、いつもできていたことができなくなってしまったり、物忘れがひどくなってしまったりというのもうつ病には症状として出てくることがあります。その際にも、「がんばればできる」、「いつもできていたのになまけている」というような声掛けは禁句です。ゆっくりと、できるようになることをサポートできるように温かく見守る姿勢を貫きましょう。気持ちが落ち込んでいる人にとって、頑張れといわれるのはとてもつらいことです。体も、心も動かないときに、叱咤激励はキャパオーバーになってしまうので、よりストレスが溜まってしまうということにもなりかねません。また、無理をして一人で治そうとしてしまって病院にかからないという場合にも、適切な段階で医師に診てもらえるように配慮するなど、客観的な接し方が大切です。無理やり励まして、今までどおりに叱咤激励をすると改善できるというわけではないので、声掛けの仕方や応対の仕方を学ぶことがとても重要です。

休養は効果的な治療

女の人

うつ病を発症した場合、まずは休養が必要です。心静かにしっかりと休みが取れるように、職場の同僚や家族は正しい接し方を心がけましょう。病院では薬物治療の他、作業療法がおこなわれていますので、本人は積極的に参加してストレス耐性を身につけましょう。

対応の仕方が分かる

男の人

うつ病かもしれないという人が身近にいる場合、一緒に精神科や心療内科に付き添ってあげましょう。そうすれば、早期に治療を開始できるだけではなく、うつ病患者への正しい接し方も身につけることができます。早期治療が大切です。

公的支援が受けられる

カウンセリング

うつ病で病院に通うことのメリットは、周りがどのような接し方をすればよいのかを理解するほか、仕事を休みがちな人も、診断書を書いてもらい長期休暇がもらえたり、傷病手当金のような公的支援を受けられたりすることもあります。

病院選びで迷ったら

ハートと聴診器

うつ病かもしれないと感じたときに、クリニック選びで悩んだら、医療従事者の患者に対する接し方で選択するのも一つの方法です。患者がリラックスして過ごせる場所を選択すると、その後の治療をスムーズに進めていけます。

効果が期待できます

看護師

うつ病の治療のために病院を受診すると、うつ病患者に対する接し方の注意点や言った方が良い言葉などのアドバイスも受けられます。そして、接し方は患者本人も患者の家族も大きな影響を受けるものなので、病院での診療を希望する人が多くなるでしょう。